不妊症治療中のストレス解消法

不妊症治療に大敵のストレスを上手に解消する3つの方法

ストレスは万病の元といいます。不妊症治療にも、ストレスは非常な大敵。この困ったストレスをどう解消したらよいのでしょうか。

不妊症治療ストレス解消法①:相談相手を見つける

不妊症治療は、不安が付き物です。一ヶ月に一度しかないチャンスをうまく活かせるかどうかというプレッシャーもありますし、何より、生理が来てしまったときの絶望感はすごいものがあります。

高額な費用と時間をかけてうまくいかないのでは、ストレスが溜まらざるを得ません。問題は、そのストレスをどこに吐き出すかです。

不妊症治療の問題だけではありませんが、ストレスは自分の中に溜めこむことがもっとも悪いことです。人は喋って初めて心が整頓されていきます。相手を見つけて話すことで、自分の今の気持ちに気づき、心の整理ができるのです。

ですから、少なくとも3人ほどは、不妊症治療について吐き出せる人を見つけておきましょう。友人には話しにくいという人は、今は便利な世の中ですから、顔の見えない人とでもインターネットでつながることができるのを利用するとよいでしょう。

不妊症治療ストレス解消法②:打ち込めることを見つける

不妊症治療中に陥りやすいのは、「一日中不妊症について考えてしまう」ということです。気になってしまうとそればかり考えてしまい、イヤな気持ちになり、ストレスが溜まり、不妊症治療もうまくいかないという悪循環に陥ってしまうのですね。

それを改善するためには、仕事や趣味などに打ち込むことが重要です。人間の脳はある意味単純ですから、忙しいときには悩むヒマはありません。打ち込めることを見つけて、不妊症について思い悩むヒマをなくすのです。

不妊症治療ストレス解消法③:マイナス思考を止める

あなたはマイナス思考に傾いていませんか。「どうせ自分なんて・・・」と、自己否定をしていませんか。マイナス思考は身体の気を悪くさせて、ホルモンバランスを崩してしまいます。健康なホルモンは健康な妊娠につながりますから、ホルモンバランスを良くすることが重要なのです。

ストレスを溜めこまないためには、マイナス思考や完璧主義をやめることです。「なんとかなる」となんども口に出して、脳をそういう方向に持っていくことも、ウソみたいですが、有効ですよ。