肥満と不妊症の関係とは

肥満が不妊症の原因に!なぜ?どうしても痩せなきゃいけないの?

肥満だと不妊症になりやすい?!あなたはそんなウワサを聞いたことがありますか。なぜ肥満と不妊症が関係するのでしょうか。

肥満だと不妊症になりやすい理由

あまりに肥満だと、生活にもいろいろと支障が出てきます。女性の健康にはどう関わるのでしょうか。

肥満だと、身体のストレスが強くなってしまうので、排卵障害になってしまう可能性が高いといわれています。もちろん肥満でも健康な排卵が起こっている人もいます。しかし、あまりにも肥満であれば、内臓にも負担がかかってしまうので、女性機能にも障害が起こってしまうことがあるのです。

また、肥満を抱えていると、めでたく妊娠できたとしても、妊娠中毒症になりやすかったり、妊娠性糖尿病になってしまう確率が高くなることがあります。さらに、万が一帝王切開になった場合に手術が難しいなどの難点もあります。

肥満だと、ホルモンバランスが崩れやすいといいます。これが不妊症を招く一番の原因なのかもしれません。ホルモンバランスが崩れると、排卵や着床を導く健康なホルモンが出にくくなってしまいますから、ともすれば不妊症になってしまうのです。

不妊症を改善するためには痩せないとダメ?!

それにしても、肥満を改善するのもなかなか大変ですよね。痩せたくても痩せられない苦しみも、経験したことのある人でないとわかりません。

痩せようとすることでストレスがかえって溜まってしまい、無理なダイエットにより生理が止まってしまうことも考えられます。妊娠を望んでいるのに、元も子もありませんよね。

そもそも、体重が100キロを超えるような肥満の場合に不妊症の疑いがあると考えられます。少しくらいの肥満なら必ずしも不妊症になりやすいとはいえません。むしろ、あまりに痩せている方が不妊症になってしまいます。

とはいうものの、運動をせずに、好きなものばかり食べて太ってしまったという場合は、生活に改善が必要です。健康な身体を作れば、過剰な脂肪はたまりません。肥満を改善するために健康づくりをすれば、不妊症も自然と改善されるかもしれませんね。