不妊症 症状

太り過ぎの人に見られるのが、不妊症の典型的な卵巣の症状だ

奈良県在住 Z.Fさん(32歳)
実は多くの人に発症されやすい多嚢胞性卵巣症候群という長い名前の病気があります。これはどういうものか?というと不妊症の一種です。女性の不妊症なんですが、女性が排卵をしにくくなるというものです。排卵の周期が悪くなるとかではなく、あまり卵子が育たない様になるというもののようです。

これを教えてもらったのは産婦人科でのことでした。お医者さんたちが教えてくれたんですけども、多嚢胞性卵巣症候群というのは結構多くの人がなっているんですけども、そのかなり多くの割合が肥満の人だと言われているのです。

つまり肥満だと妊娠しにくいというわけです。ただ、肥満だというのがどの程度か?そしてどのくらいになったら妊娠するのかなど、症状がはっきりしているわけでもないのでわかりにくいところです。だから多嚢胞性卵巣症候群だと言われたら、素直に医者のいうことを聞いてダイエットをすることが重要です。

ただし、ダイエットも急激にダイエットをしてしまうと母体への影響が大きいので、健康的なダイエットが求められます。健康的なダイエットというのは3食きっちり食べながら、運動もして体を強くすることで痩せていくということです。つまりアスリートに少し近づくようにするのです。

そういう痩せ方じゃないと、今度はダイエットをしすぎて体を悪くして、妊娠しにくくなってしまうということになります。だからこそ健康的なダイエットが必要なのです。そのためにも医者の言う方法をしっかりと実践することが一番だと思います。

私も多嚢胞性卵巣症候群だと言われてから半年間頑張ってダイエットを続けています。やっぱり昔のダイエットに比べて頑張れているなと思うのは、子供を持ちたいという女性の本能からなんでしょうか?今まではモテたいとか健康のためでしたが、今は子供のためですからね。子供のためならなんでもできるっていうのはホントなのかもしれませんよ。