不妊症改善の治験で妊娠できた例

不妊症を一気に改善?!思い切って治験に参加したら妊娠できた!

「治験」にあなたはどういうイメージをお持ちですか?治験というとアルバイトを思い浮かべる方もいるかもしれませんね。治験で不妊症が改善できた!とは、どういうことなのでしょうか。

治験ってなに?

治験とは、かんたんに言えば、新しい薬や治療方法を最初に試してみることです。また、ある治療方法でどの程度病気などが改善されるかをデータにするための実験のことをいいます。

治験は実際の人間の身体を使ってする実験ですから、ある程度リスクがあると考えられて、お礼のお金を出して治験を募集していることが多いです。治験アルバイトは結構いいお金になるために、率先してやっているという人もいるくらいです。

不妊症にも治験があるの?どこで募集しているの?

不妊症改善のためのサプリメントなどの治験が実際にあります。婦人科でもときどき治験の募集をしています。ホームページからも情報をつかむことができるので、治験を探す場合は時々チェックするとよいでしょう。

よくある治験する例は、飲料・サプリメントや、注射剤や、鍼灸などがあげられます。新しい薬を試すということですので、ちょっとこわいかな?と思ってしまいますが、治験により妊娠できるという例も実際にあるのです。

ずっと悩んでいた不妊症が、治験で改善できた!

まさか、ずっと悩みに悩んでいた不妊症が、治験で改善されるなんて思ってもみないかもしれません。しかし、実際に妊娠できたら本当にうれしいですよね。

治験は、決して楽というわけではありません。治験期間が数ヶ月におよぶこともよくあります。その間、真剣に治験に向き合わなければいけないのです。

ですから、治験の努力により、そのかいがあって妊娠できたということがあります。また、治験というプレッシャーの中、「治験しているからもしかして本当に妊娠できるかも?」という思いが強まり、本当に妊娠できた!という場合も珍しくないようです。人の心と身体は密接につながっています。不思議なことも現実にあるのです。