高齢と不妊の関係

高齢と不妊症には関係があるのか?

女性は35歳以上が高齢出産といわれています。30代になると、男女ともに生殖機能が正常でも20代の頃より時間がかかるようになる場合も多いです。通常30歳を超えた頃からだんだん生殖機能が低下し始めて、35歳頃から卵子の老化が顕著になるため、自然に妊娠しにくくなってしまいます。しかし現代では晩婚化が進み、40歳以上で妊娠したり、妊娠を望む方も増えてきました。それに伴い不妊治療を受ける方も増えています。

そもそもなぜ高齢になると妊娠しにくくなってしまうのかというと、上に書いたように卵子の老化が主な原因です。卵子の老化は32歳くらいから徐々に進行し、37~38歳に妊娠しにくい、と自覚するパターンが一般的のようです。さらに42歳を過ぎると一段と難しくなります。精子は卵子と違って作られ続けているので誤解されがちですが、精子も老化します。大体50歳を過ぎると生殖機能が下がるようです。女性は閉経する10年前まで出産できるそうです。閉経は40代前半~50代半ばまでに起きるので30代前半~40代半ばが出産出来る上限でしょう。

高齢不妊の治療法としては、主に体外受精や卵子が採取できれば排卵誘発剤を使ったものになります。これらの治療は費用はもちろん体にも負担がかかりますし、様々なリスクがあります。高齢出産のリスクは、流産が増える、帝王切開が増える、ダウン症の発生率が上がるなどです。これらのリスクや経済状況、体調との折り合いを考えて不妊治療を行うか否か判断しましょう。

高齢不妊には卵子の老化が大きく関係しています。ですが絶対に妊娠出来ないというわけではないので希望を捨てずに、不妊治療を検討しましょう。